通常の借地権について

土地の取り扱いに関してはいくつかの内容を持っているものがあり、その中には借地権と呼ばれているものが存在しています。この権利に関しては、通常では土地の所有者となる方が存在していることになり、所有者から土地を借りる権利を得ている方が対象となります。その結果として土地の上には借りている方が自由に使うことが可能とされている一面を持っており、一戸建て住宅を建てて長期にわたって住み続けることも不可能ではありません。土地の所有者からすると、後に立ち退きをしてもらうことを希望される場面もありますが、双方が納得した際には大きなトラブルに発展することがありませんが、多くのケースで立ち退き料を支払うことが必要とされています。権利を得ている方の場合では、当然ながら賃料を所有者に支払う義務が生じているものですが、土地に掛かる固定資産税に関しては、土地の所有者が支払うシステムになっていることも特徴になります。現在では新借地法が施行されたことによって、所有者側に有利な一面を持っているものになりますが、双方にとっていくつものメリットが生じていることも事実になります。当然ながら権利を持っている方は、その権利を相続として取り扱うことも可能とされており、法的に守られた部分が残されています。

Comments are closed.